[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-07 (Mon)

[Note] 忙しい時の精神安定剤

多忙な時こそチョットしたことでストレスを感じたくないもの。
やっぱり筆記用具というのは仕事上欠かせないものなだけに馴染んだ物が一番です。
仕事が忙しくなる前に買い揃えた筆記用具が唯一の精神安定剤になっています。
いまではRodia No.11とMoleskineのスケジュール帳、LAMYの万年筆が常に手元にないと落着きません。
すっかり依存症になってます。これほど文房具に依存する事なんてなかったんだけどなぁ。

スポンサーサイト
2009-12-02 (Wed)

[Note] MDノートについても触れてみよう

画像 051

あまりにも夢中になってMoleskineをいじり倒していたせいで、MDノートについては書いていませんでした。
もちろんMDノートも使っています。
Blogのネタや日々のアイデアは、一旦MDノートにまとめて推敲したものを投稿したり、しばらく放置して読み返します。

最初はボールペンで書いていたのですが、なんとなく読み返す際に違和感を感じ、万年筆で書くようになりました。
さすがMD用紙というところでしょうか、インクのにじみや、裏写りもなくペンのすべりも上々です。万年筆はWatermanのF字幅でブルーブラックのインクを使用していますが、やわらかいクリーム色の用紙と相まって、書くほどに味がでて読み返すのが楽しくなります。
手元には方眼と横罫がありますが、個人的には方眼が好みです。(普段から字が小さいので5mm方眼の高さがちょうどいいんです)

横罫は罫幅が若干広めなので、大きく広々と使いたい方は向いているかもしれません。
もっと自由にのびのび書きたい方は無地のほうが良いでしょう。(私は字をまっすぐ書けないので罫線は必須です。)

ちなみに、写真に少しばかり写っている黒いブックカバーは、自作のMoleskineもどき変身ブックカバーです。相変わらずクオリティは低いですが、文庫サイズの本やノートは大体収まる優れもの(?)です。
このブックカバーについては後日書いていきたいと思います。
2009-11-30 (Mon)

[Note] MoleskineにRhodiaのメモを収納したい

画像 036
前回の記事で、MoleskineDiaryでスケジュールを管理する際、Rhodiaを併用していることを書きました。
Postitをテープ代わりにしていたわけですが、簡単に剥がれてしまうため、不安がありました。
Moleskineの後ろにはポケットがあるわけですから、単に収納するだけならポケットに入れればよいだけなのですが、やはりぱっと開いたところにメモが見れないのはストレスを感じます。それに、ポケットからメモを取り出して目当てのメモを探すというアクションが増えるのは効率が悪いと感じていました。

そんな時、とある弁当屋の掲示板を見てRhodiaのメモをMoleskineで管理する方法を思いつきました。
弁当屋の掲示板には一面にビニールの帯が張られており、今月のメニューや広告が帯と掲示板に挟まれる形で貼られていました。
なるほどこれならのりもいらないし、好きなところに貼れます。
Moleskineのポケットに入れてしまうとメモは見れませんが、これなら見える状態で収納できます。

画像 040
と、言うわけで早速試作品を作ってみました。
材料は、無印のノートの表紙、MDノートを包んでいたパラフィン紙、あとはのりとはさみだけです。
こんな感じで、Rhodiaのメモをパラフィンの帯に挟み込みます。
異なる段の帯に挟むことで、複数のメモをはさんでも探しやすくなっています。

切手帳なんかでもパラフィン紙が使われていたので、この方が使い勝手がよいかなと思い、今回はパラフィン紙を使いました。帯の部分はセロファンでも代用できるかもしれません。
台紙の部分は、適当なものが見つからなかったので、破棄予定の無印ノートの表紙を使いましたが
、ある程度硬さがあれば何でもいけそうです。

今のところ気に入って使っていますが、気になるところがあれば改良していきたいと思います。
2009-11-22 (Sun)

[Note] Moleskine diary を1週間使ってみて

前回、なんだかんだ言ってましたが、実際使ってみると使いやすいです。製造品質の悪さは前述の通りですが、紙自体はペンの滑りも良く、書きたい衝動を沸かせてくれます。(デザインとかコンセプトとか、このノートがいかに洗練されているものなのかを逆に思い知らされた感じです。)

MoleskineDiary(1)と、べたほめしておきながら、1点気になったところがあります。
DiaryはPocketNoteに比べて若干厚めだったり(1日1ページだと2,3倍くらいの厚さですよね)するせいか、ぺたっと開きません。いや、手で押さえれば開くのですが、書いているとページが浮いている感じがしてペン先が安定しないのです。
ミドリのMDノートだと、厚みはMoleskineとあまり変わらないのに、手で押さえなくてもぺたっと開くんですよね。私のMoleskineだけなのでしょうか。。。

MoleskineDiary(2)ちなみに私は1週間/ページでスケジュール+ノートのデザインを選んだわけですが、ノート部分は少々スペースが狭く感じます。Pocketサイズなのでこればかりは仕方ありません。
そのため、通常 Rodia にメモをして、それを Moleskine に Postit で留めておきます。後で このメモを見返しながら整理して Moleskine のノートに書いていくという方法とっています。
これによって、その週の出来事や、ToDoを見直しながら記録や進捗を同時に整理することができるという寸法です。
今のところ、1週間分を1ページにうまくまとめられています。
2009-11-15 (Sun)

[Note] 結局

モレスキンダイアリー スケジュール+ノート買ってしまいました。。。
だって手から離れなかったんだもの。。。

これと1日1ページの分厚い方を手にしてずっと悩み続けること30分(長っ)
携帯性を考えてこっちにしました。

人前で出すこと考えると、あのバイブルみたいなのドンと置くのはちょっとね。
スーツのポケットにも入らないし。
2009年7月から18ヶ月間のものを購入したので、現在までの記録と、来年1年の予定をぼちぼち入れていこうと思います。

この瞬間が楽しみなんだよなぁ…
プロフィール

日記書いてる人

Author:日記書いてる人
プロフィールはこちら

月別アーカイブ
最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
Amazon
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。